大人と子供でやって良い事と駄目な区分を付けるのは分かります。


ですが、金額に関してまで区別を付ける必要性はあるのかと時々疑問に思います。
18歳の人が使う製品の方が高いなんて、あり得ないです。
また、製品を作る側のコストも18歳以上用の方が金額が高くなります。
18歳以上と以下で何が違うというのだろうか、と今更ながらに私は思うわけです。
取り扱いの性質上で、大人以外が使用を禁止するというならば価格設定に疑問は持ちません。
けれど、書籍やゲーム、DVD、その他の商品は18歳以下が購入出来ないだけであり、全年齢版と用途的には同じ物です。
という事で、本当にその部分が不思議でなりません。

そういう偶然が重なって、グループを結成したのかもと少し思ってしまったものの、だからといって普通あり得ません。

芸能界デビューするという事は、必ず世に名が知られるという事であり、本名は遠からずバレはするけれど、芸能人は十中八九芸名を名乗ります。

http://www.vcdtransfer.com/